スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスワン・イシス神殿あたり@エジプト日記(5/12)

アブシンベル神殿の次は、国内線でアスワン空港まで速攻もどります。
お昼前には、アブシンベル空港を後にして、飛び立ちました。
向かうはアスワン空港、そうそう、朝トランジットした空港です。
乗ること40分強。
あっという間に到着しましたー。
バスに揺られて、まず行くのはアスワンハイダム。
IMG_1320_1.jpg


今回エジプトに行くことを決めてから、とはいうものの・・・エジプトに興味を抱いた事が今まで無かった私。
(じゃーなんで行くと決めたんじゃー?!)
そんな私でも知っていたのがアスワンハイダム。
IMG_1317_1.jpg

こんなダムだったとはー。
IMG_1321_1.jpg

でも地球の歩き方によると、体積はクフ王のピラミッドの92倍にあたる、2億379万?(東京ドーム約164個分)。
そんなに大きいんだねーーー、なんだか、茶色の土色がさすがに日本のダムとは違いすぎーー。
ダムからの帰り、サラサラ~の砂をすくう場所もありましたー。
DSCF1724_1.jpg


そして、アスワンハイダムを後にして、昼食。
その後は私が今回の旅でも一番行きたかったところ・・・「イシス神殿」です。
なぜか? なぜだかわかりませんー。でも気になっていたのですー。
IMG_1332_1.jpg


アブシンベルもそうだったんだけど、アスワンハイダムが出来る時にイシス神殿は水没する運命にあったんだけど、現在の島アギルキア島に移転されたそう。

お友達からも「イシス神殿」の砂を~とリクエストがあったんだけど、いやはやどこの神殿もそうなんだけど、地面は普通の石ころ交じりの土なのよー。
ある意味、東京の公園とおんなじーーー。
だから、アスワンの名物砂をさらってきましたー。
(上の写真です、それはそれは細かくてきれい)

さてさて、エジプトの神々の本によると、イシス神とは。
オシリス神話では、イシスはオシリス神の妹であって妻であり、セトに殺されて
バラバラにされたオシリスの遺体を集め、呪術によって来世の王として復活させました。
このことから、死者を来世で復活させることをつかさどるもの、死者=ミイラを守護するものとして信じられました・・・とあります。

ガイドのタマルさんも「愛と美と魔法の女神」と盛んに言っておられたなー。

そしてこの島の神殿の中には、教会の遺跡もあったりして、コプト十字が残っていたりした。
そんな、教会の名残を見ると、何故か反応している私がいたなー(感動?だろうか?)

そんなハトホル神殿やイシス神殿とはちょっと違う、小部屋に入ったときに感じた感覚がまた凄かったです。
観光客がほとんど入らないような場所。
警備のおにーさんが一人座っている。
彼に「中に入っていい?」と手振りで聞いてみると「いいよ」と答えてくれる。
IMG_1360_1.jpg

入っていってみると、「んんんん??!!」
なんか、違う。
私はそういうところ、敏感じゃないんだけど、でも、なんか違う。
敏感には、わからない分、体感が鋭いと思っているから、余計ごーーーーんと来た。
スコンと瞑想モードに入る感じ。
ぞくっとして、「ここは??」と思わず、写真を撮る(笑)
良かった、何も写っていないぞーー(笑)

そんな不思議な体験は、ピラミッドの中に入った時だって感じなかったのになー。

ということで、相棒と合流して、ツアーの仲間の元に戻りました。

その後は、船でいったん町に戻り、バスに乗って、「きりかけのオベリスク」へ。
IMG_1375_1.jpg


古代の石切り技術が垣間見れます。
石がいっぱいある中をどんどんと登り、その頂上の辺りに見えるのが、このきりかけのオベリスク。
重さ○○トン・・・って、忘れてしもたー。
とにかく、昔の人はこの重い石をどうやって運んだのか?!それが疑問ですだ。

そして、その後は、また港に戻り、フルーカ(帆掛け舟)にのって、今夜のとまるホテル、イシス・アイランドへ。
IMG_1382_1.jpg

フルーカ、笑いをとったのは、本来は帆船なんだけど、風の無いナイル川では進まない・・・。
はずなのに進んでいるのは、他のボートでひいてくれていたからでしたー。
運転手のおにーさん、本当に素敵な明るい方で、歌を歌ってくれましたー。
一緒にツアーのお仲間の手をとって踊ってくれたりして・・・。
和みの瞬間ですなーーー。

さてさて、イシス・アイランドホテル。
全室ナイルビューとあって本当にすがすがしい風景です。
早朝より出かけた私達を、やさしく迎えてくれたホテル。

が、しかし・・・翌朝の出立は、7時15分
モーニングコールは5時45分・・・いやはや、まだまだ早朝出発は続くのね(笑)
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

GORI 宮下♪

Author:GORI 宮下♪
綿本ヨーガスタジオにて、ヨーガのインストラクターをしております♪

千葉県出身。続きを読む…

今月のスケジュール

今月のヨガ&講座スケジュールのご案内です。 詳細はリンク先に飛んでご覧くださいませ。

最近の日記

GORI宮下・公式サイト

fc2_2013-12-02_23-44-42-706.jpg

GORI宮下・音と響きのブログ

fc2_2013-12-29_16-36-01-914 (300x169)

Fece book & twitter

Gori Miyashita

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

QRコード

QR

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。