スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオの隣りに桜の花♪

こんにちは!
体波音のGORI宮下です。




写真は、綿本ヨーガスタジオの隣りの京橋スクエアガーデンの裏側に咲いている河津桜です。
最初は梅かしら?と思ってみてみたのですが、やはり桜でした。
お近くを通る方、是非、ご覧になってみてくださいね。
春だわ~\(^o^)/

さて、ヨガクラス。
火曜日は「ヴィンヤサ」がメイン、そして水曜日の「骨盤ヨガ」や「陰ヨガ」。
少々、空気感が違います。
というものの、空気感は宮下が持つものが広がっていきます。
どんなクラスでも、私の人となりが出るのですね。

本日、配信の綿スタメールニュースがちょうど、私の番でした。
そのニュースを、転載しておきますね。

「1月行く、2月逃げる、3月去る」と言われる、日本の暦・・・今年の2月も28日まで。
1、2、3月は日が早く過ぎる(やることが多いのに思うように進まない…)という表現だそうです。

2月も20日を過ぎ、皆さまは如何お過ごしですか?
GORI宮下です。
今年はご縁があり、旧暦のおおみそか&お正月(18&19日)とお伊勢さま詣でに参っておりました。
(クラスの代講などもあり、先生や会員様にはご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした)。

やはり、伊勢神宮さまの持つパワー、その場所場所を守る方達、その地に入らせて頂くことで
感じる様々な感覚と触れ合い、それを自分の中で味わうということを、短い時間ながら
深く体験させて頂いたのでした。

20年毎の式年遷宮を昨年過ぎ、沢山の力が結集され社が移し替えられ、その木の色も
きっと匂いも若々しい社の数々に癒されたのでした。

人の心に響く日本の文化、それは大みそかやお正月という季節の行事の中にも散りばめられて
いることでしょう。
改めて、四季のあることを有り難いことだなぁと感じる旅でもありました。
自然の尊さを感じる時に人間の尊さも同じく感じる事が出来ます。
20150224170623095.jpg
肉体をもっているからこそ、人は体験できる様々な出来事。
人と触れ合い自分を知り、自然を感じその中に己を見る。

シンプルな繰り返しである、ヨガを行うことで顕れくる、大切な自分との出会い。
ヨガマットの上で繰り返す呼吸しかり、アーサナしかり。
ヨガと一言で言っても、様々なヨガのアプローチがあります。

呼吸と動作が一致していくことで、止まらない動きの中の循環と静寂さに触れる。
一定の時間、同じポーズをとる事で、身体の中から解放&浄化&リラクゼーション
の深まりを味わう。
そして、全ての行いは静かな穏やかな状態へといざなわれていく。
内側から訪れる、自己の輝きに触れる喜び。
溢れる自己に出会う時、その輝きはきっと、周りの方へも広がっていく事でしょう。

時にストレスを感じ、どうしようもないプレッシャーや痛みに惑う時もあるかもしれません。
自然の変化は時に激さと、その動きの速さにスムースに乗り切れないときもあるかもしれません。

大海の中の一滴、
風に舞う一枚の葉、
様々な変化の中で、常に自分を穏やかな状態に浄化し調整をしていく、
その一助に、ヨガの実践がある事と思います。

旧暦のお正月を過ぎ、一年の始まりに改めてヨガをおすすめする次第です。
冬には冬の身体を感じ、
春には春の呼吸を感じ、
四季を通じて、あなたに合うヨガに出会えますように。

春の便りが届いてますね。

皆様のポチっに感謝です。


関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

GORI 宮下♪

Author:GORI 宮下♪
綿本ヨーガスタジオにて、ヨーガのインストラクターをしております♪

千葉県出身。続きを読む…

今月のスケジュール

今月のヨガ&講座スケジュールのご案内です。 詳細はリンク先に飛んでご覧くださいませ。

最近の日記

GORI宮下・公式サイト

fc2_2013-12-02_23-44-42-706.jpg

GORI宮下・音と響きのブログ

fc2_2013-12-29_16-36-01-914 (300x169)

Fece book & twitter

Gori Miyashita

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

QRコード

QR

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。