スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年初ボイス♪

昨年より、ボイトレに通ってます
して、今日は2010年、初めてのトレーニングでございました

だいたい1時間かけて、声を出して行きます。
最初は小さい声で、そののちに大きな声、更に地声と裏声。
おおまかに書くと、こんな感じなのですが、その中に、細かいニュアンスが色々と含まれております。

最初の頃は、先生のおっしゃる呼吸をするので精いっぱい。
今まで、良いであろうと思っていた呼吸の仕方が思い切り覆されたので、最初はでした。

ところが、何故その呼吸をするのか、理由を伺う事で、納得!
むしろボイトレでは、その呼吸をすることで、肺の下から上まで、た~~~ぷりと酸素を入れる事が出来るようになったのです。
始めたころに比べると随分、発声の長さも伸びました。

そして、やっぱり順を追って、キチンと積み上げて行くことの大切さを今回更に自覚することに。

今日は、今まで先生がおっしゃっていた呼吸は方便であると、おっしゃるのです。

?」
伺っていると、それは前の段にも書きましたが、肺の中全体に息を入れるという意味で必要なことだけど、実はそれだけでなく、その後に来る意味があったのです。

それは、呼吸をしているんだけれども、最終的にはしているような、いないような境地になっていく事。
えええええええ、それは。
シャバサナの時と同じじゃないですか。

数か月前にも、「これは、ヨガの目指す境地と同じだ」と思った事がありました。
そして、今回も。
全ては同じところに繋がっているんですね。

今日、先生がおっしゃった話。
どうもなんとかという呼吸法があるそうです・・・。
(って、まったく意味不明な文章っすね
初めて聞いた名前だったので、忘れてしまいました。

どうやら、古神道の呼吸法らしいのですが、次回はその方法を教えて下さるそうです。
来ましたー、古神道。
最近、色々なものが、繋がりはじめているのですが、また何かが繋がる予感がしております。
1月には古神道がらみのワークを受ける予定にしているのですが、その後にこの呼吸法を教えて貰う段取りになりました

そして、年末は裏声は「D」まで出たのですが、今日はその次の音が出ました。
先生曰く、
「チャクラが開いているっていうのは、こういう事を言うんだろうな」とのこと。
低いところから高いところまで、発声に力みが無いということを指していらっしゃるのですが、自分としては、「へ~、そうなんだぁ」って感じです。
発声にストレスが無い・・・。
しかし、日々の生活ではストレスありありなんですけど(笑)

2010年初ボイトレを終えて、なんだかまた自分の中の可能性の芽が開いて参りました。
やりきりますよ、その瞬間瞬間を、
そして、楽しみます。ってか、楽しんでますね(笑)

ヨガとは全然違う話題でしたが、集中が自然と出来てしまう。
今、旬な「声のヨガ」ですね、私にとって。

読んでくださって、有難うございます。
ナマステー

SBSH11151_1.jpg


関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

GORI 宮下♪

Author:GORI 宮下♪
綿本ヨーガスタジオにて、ヨーガのインストラクターをしております♪

千葉県出身。続きを読む…

今月のスケジュール

今月のヨガ&講座スケジュールのご案内です。 詳細はリンク先に飛んでご覧くださいませ。

最近の日記

GORI宮下・公式サイト

fc2_2013-12-02_23-44-42-706.jpg

GORI宮下・音と響きのブログ

fc2_2013-12-29_16-36-01-914 (300x169)

Fece book & twitter

Gori Miyashita

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

QRコード

QR

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。